お子様の教育進学
帰国前から準備しておきたいこと

海外赴任中のご家族にとってお子様の教育をどうするかは最も気になること。
赴任が終了する時期は、必ずしもお子様の進学の時期とは一致しません。
子供を日本の学校に入れるのはどのタイミングがいいのか。
小学校の途中、あるいは中学入学の時期での帰国について、
日本の受け入れ体制なども含めて考えてみました。



帰国の時期と学校選び

帰国生の受け入れを配慮をする学校が増えている

 海外への赴任で最も頭を悩ませる問題の一つがお子様の教育問題です。赴任先での学校選びも大変ですが、お子様の成長とともに帰国後の学校をどうするかも頭の痛い問題です。
 理想的なのは、日本への帰任時期がお子様の進学時期と重なることですが、なかなかそううまくはいきません。そのため、どのタイミングでお子様を日本の学校に入れるかを検討する必要があります。
 受験期に合わせて準備をするとすれば、中学校入学時にタイミングを合わせると入学後の日本語の習得も高校からの入学と比較すると比較的スムーズです。
 赴任が長期に及ぶと、その間に日本の教育の仕組みも大きく変わります。受け入れてくれる中学がすぐ見つかるか、また、新しい環境に順応できるかなどの不安もあると思いますが、帰国生への対応は以前に比べるとかなり良くなっていると言えると思います。
 私立中学では帰国生向けの入試を行う学校が増えてきています。日本で学ぶ生徒に比べ、ハンディのある社会や理科を受験科目から外したり、現地校やインターナショナルスクールに通った帰国生のために、英語を受験科目に加えたりする学校もあります。また、学校によっては帰国生向けに書類選考のみで合否を判断する推薦入試のような制度を作っているところもあります。
 さらに、入学後には、現地で身につけた語学力を維持、発展させるためのクラスを設ける学校も多く、数学や理科など一般の生徒に比べて遅れがちな教科に関しては、補習的な対応をするなどさまざまな配慮を行う学校も多くなってきました。
 また、私立や国立の大学付属校、または公立でも最近作られるようになった中高一貫教育の学校であれば、高校受験を意識することなく日本の学校や社会に順応していくことが可能です。
 ただし、保護者の多くの方が実感するのは準備不足。学校説明会などの情報をこまめに収集しておくことが大切です。

中学受験で大切な両親のサポート

 ご両親にとって日本への帰国は、もといた環境への復帰ですが、お子様にとっては、まったく新たな環境に向かい合うことになる重大事件です。
 勉強についていけるかどうかはも ちろんですが、日本の学校生活にスムーズになじめるか、友達ができるかなど、多感なこの時期のお子様自身も不安でいっぱいのはずです。日本人学校に通っていれば、日本語でのコミュニケーションに心配はあまりありませんが、インターナショナルスクールや現地校に通ったお子様 にとっては日本語も大きな壁となる可能性があります。
 そうした問題をクリアするために、小学校の4、5年のタイミングで帰国することも選択肢の一つですが、帰国生向けの入試では、受験資格に帰国後の経過年数に制限のある場合がありますので注意が必要です。
 お子さまの受験にあわせた帰国は、奥さんとお子様だけがご主人より一足先に日本に戻るということになりますので、何年生の何月に帰国するかのタイミングはよく話し合って慎重に選択する必要があります。
 小学校や中学校への編入は公立であれば容易です。しかし私立の場合は編入試験があり、時期にも制約があります。
 また、公立中学への進学ではなく、中学受験をするならば、帰国生枠がある場合でもやはり「競争」であることに違いはありません。難関校の入試は年々厳しさを増しています。日本国内であれば、周りに同じような環境で切磋琢磨する仲間がいますが、海外での生活で「競争」を意識することは困難です。
 そこで必要になるのは両親のサポートです。保護者の負担はかなり 大きくなりますが、お子様ともきちんと話をして、ご家族みんなで納得した上で、目標に向かって努力できる環境作りが大切になります。

 進学・編入のパターン
 小学校編入
(公立であれば容易)
 
小学校
6年
 中学受験
(私立を中心に帰国生枠が利用できる学校が増えている)
 中学校編入
(公立は容易。帰国生枠のある私立では、編入試験は年2回など制約があり、3科目がほとんど)
 中学校
3年
 高校受験
(公私立とも試験。帰国生枠がある場合も3科目が一般的。
英語のみの場合はレベルが高い)
 高校
3年
 高校編入
(帰国生を受け入れるところに限り、編入時期の制約も)
 大学
4年

日本の中学の選び方

 中学受験をする場合、何を基準に学校を選べばいいのでしょうか。
 有名だ、偏差値が高い、そうしたことももちろん一つの選択する際の要素にはなりますが、もっとも大きなポイントは、入学後にお子様の力を伸ばしてくれる学校を選ぶことです。
 私立中学は、建学の精神や歴史、教育方針、カリキュラムなど、学校によりさまざまな特徴があります。校風なども学校ごとに大きく異なりますので、それぞれの学校がご両親の教育方針やお子様の性格に合っているかどうかを比較検討することも大切な要素となります。
 また、大学の合格実績や在校生や卒業生の声なども、学校の作成する入試案内資料や、ウェブサイトで確認しておきましょう。
その他、年間行事、教科時間数、単位数などの学園生活の流れや、制服、校則、部活動、海外への留学制度などもチェックをしておく必要があります。
 入学する学校の帰国生の受け入れにどのような態勢を作り、どのような指導をしているかを知ることも極めて重要です。
 帰国生向けの入試を行う学校のレベルは千差万別です。学力や合格可能性を調べるためには帰国生向けの進学塾や予備校が行っている模擬試験を利用します。赴任先の自宅で受けられるものもありますので、継続して利用することで学習の進捗度合いなどを把握することもできます。

公立、国立、私立の特色は

 中学校の種類とそれぞれの違いや特色をあらためて確認しておきます。
 公立中学は基本的には試験がありません。日本で居住する地域の中学校に必ず入れますし、市町村によっては、そのエリア内の学校を自由に選択できるところもあります。
 ただ、最近になって登場した中高一貫校では入学試験があり、人気も高く高倍率となっています。もし志望するのであれば事前の情報収集や受験準備が必要です。
 国立中学校は大学の付属校です。帰国生枠の入試もありますが、いずれも入学するにはハードルが高い難関校です。こちらも事前に出題傾向などを調べ万全の準備をする必要があります。
 私立中学に入学するためには必ず試験を受ける必要があります。
 受験科目は帰国生向けに、どうしても一般の生徒とは差ができてしまう社会と理科が除外され国語と算数のみのところ、英語を追加して受験ができるところ、英語のみで受験できるところなど、各学校によって違いがあります。
 入学後はせっかく習得した英語をブラッシュアップするために、帰国生向けに特別なクラスを編成しているところも多くなっています。
 その他、公立中学に比べユニークな教育システムがあり、さまざまな工夫がされていて、その内容も変化しているのできめ細かい情報収集が必要です。

帰国倶楽部本誌に掲載されています

帰国倶楽部本誌は、最寄の日本通運海外各店で配布しております。
 もしくはお問合せへ